夜中にアルコールを提供する店は注意

ハプニングバーを口実にセフレが作れる!激安ハプバー攻略法

MENU

夜間勧誘とは、夜間昼前0場面から日の出場面までにおいて、バーや居酒屋などの観客にアルコールを提供するレストランのことをいいます。深夜にアルコールを含むラーメン店や牛丼店などがありますが、主食と見えるごはんの用意がメインで、アルコールは付随チックに提供しているレストランは、夜間勧誘には該当しません。 夜間勧誘は、観客にサービスすることができません。サービスを立ち向かう場合には風営法に従って風俗勧誘の公認が必要となります。 サービスとは、風営法によれば、歓楽チックイメージを取りだす方法により観客をもてなす動きで、深夜にバーを勧誘したいと思っても、風営法のサービスに触れるとみなされると、風俗勧誘の公認が必要になってしまいます。 もし風俗勧誘として勧誘すれば、こんどは深夜に勧誘を続けることができないので、注意が必要です。 風営法で言うサービスとは、指定少数の観客の隣席に座って、ダイアログを楽しんだりするのはサービスにあたり、またバーカウンター越しに特定の観客と長く談笑するのもサービスとしてみなされます。そのためガールズバーなどを解く場面などには、風営法違反と達する場合があるので、注意が必要です。 ただ観客との談笑がすぐに違反となるのではなく、少々長く、特定の観客と話したり、そばにいるという事柄が重要で、すぐにその場を辞めるのであれば、サービスとはなりません。 サービスの居残る夜間勧誘をしたいと考えた事態、風俗店勧誘公認もプラスに摂ればいいと企てるユーザーもいるかもしれませんが、夜間勧誘と風俗店勧誘公認は一緒に並べることはできません。そのためサービスの居残る風俗勧誘のお店を開けば、夜間0場面以降に勧誘することができませんから、夜間0場面以降に勧誘するには、サービスの乏しい夜間勧誘をすることになります。 またその際には、集客をとめる、18年代以内の奴を22場面以降に働かせない、18年代以内の観客を22場面〜日の出までは立ち入らせない、観客をサービスとめる、夜間0場面以降に観客に遊興止めるなどの決まりを守らなければなりません。

関連ページ

違反しているキャバクラ
違反しているキャバクラとは?風俗営業適正化法に反する営業形態とは?
風俗営業適正化法の審査が入る業種
風俗営業適正化法で規定される業種とは?
風営法違反とは
風営法違反になる条件とは?風営法違反になる例、ならない例を徹底解説!
違反した際の罰則について
風俗営業適正化法に違反した際の処分は?
風営法違反になる条件
風営法違反になってしまうパターンは?あなたの通う店は大丈夫?